マレー鉄道でマラッカへクアラルンプールから現地ツアーで行く!ガイドに聞いた話も紹介

マレーシア・KLセントラル駅からマレー鉄道に乗る改札前

マレーシアの歴史が始まった場所「マラッカ」は、マラッカ海峡に面した貿易都市。600年以上の歴史を持つマラッカは、クアラルンプールから日帰りで行くことができます。

「世界遺産マラッカにマレー鉄道に乗っていく」が、マラッカに行く第1条件だったので、それが叶う現地ツアーを探しました。

この記事では、マレー鉄道でマラッカに行くまでのことと、ガイドさんから聞いたマレーシアの話をご紹介します。

マレー鉄道でマラッカに行くのは、クアラルンプールから1時間ほどの列車の旅ですが、これも旅の経験として楽しいですよ。マラッカに行かれる際には、ぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

クアラルンプールからマレー鉄道に乗って

マレーシア・マレー鉄道

マレー鉄道は、タイのバンコクから南下してマレーシアを横断し、シンガポールにつながる、約2000Kmの国際鉄道です。

マラッカに行くにはアクセスが不便な路線(最寄駅からマラッカまで車で1時間ほどかかる)なので、わざわざマレー鉄道に乗らなくても…なんですが、イポーやペナンへ行く予定がなければ乗るチャンスがないんです。

というわけで、「VELTRA(ベルトラ)」の現地ツアーで、マレー鉄道で行くマラッカ観光を予約しました。ツアーを申し込めば、マレー鉄道のチケットも購入してもらえます。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

KLセントラル駅のインフォメーション前でガイドさんと待ち合わせ。他に申し込みがなかったようで、個人ツアーになって、とってもラッキーでした。

挨拶を済ませたあと、駅のLevel 2にある、MRT乗り場に向かいました。列車は11:59発で、ランチはショッピングモールでサンドイッチとお惣菜を購入してきました。

ここから乗るMRTは、列車が到着するまで、ホームに入ることができません。案内があるまで、改札口前の待合所で待つんです。

アナウンスが入ると改札でチケットを係員に見せて、中に入ります。エスカレーターを降りた先にプラットホームがあります。

マレーシア・マレー鉄道のテーブルとチケット

ガイドさんからいただいた列車のチケット(2等・指定席)は、なんと裏紙! 乗車前に係員がハンコを押してくれます。なんだかとってもアナログ式(笑)。

けれど到着した電車は、マレー鉄道のディーゼル機関車のイメージを覆す、近代的な電車でレトロ感は全くなし。中もきれいで、まるで新幹線みたいです。

マレーシア・マレー鉄道からの眺め

約1時間ちょっとの電車の旅はとっても快適、田舎の風景にかわっていく窓の外を眺めながら、ゆっくりと過ごすことができました。

セレンバン(Seremban)の駅に到着し、ここからは車(約1時間)でマラッカに向かいます。

スポンサーリンク

ガイドさんから聞いたマレーシアのこと

マレーシア・クアラルンプールの町の一角

マレーシアの民族について

車は高速道路を抜けて、マラッカに向かいます。ガイドさんがマレーシアについていろいろ教えてくれました。

マレーシアは、人口の66%がマレー人、23%が中国系、8%がインド系なんだとか。国教はイスラム教で、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教の信者もいます。

マレーシアの学校は1月から新学期、小学校は両親によって、通学する学校が決まります。マレー系の学校では、マレー語で授業を行い、英語の必修授業があります。

中国系の学校は中国語、インド系はタミル語と、両親の母国語で授業をして、マレーシア語の必修授業があり、小学校の6年間通った後、移行クラスで1年間マレー語を習います。

そして、中学校から全員マレー語で授業を受けて、英語を習うんだそうです。

マレーシアに住むマレー系以外の人たちは、子供の頃に言葉でかなり苦労するみたいです。でも、中国語、マレー語、英語とマルチリンガルっていう人も多いそうですよ。

ガイドさんは流ちょうな日本語を話す中国系の女性でした。一体何か国話せるんでしょう?? すごいですね。

マレーシアの行政区画には13の州があり、そのうち9つの州にスルタン(王様)がいます。国王は9人の王様が5年づつ、輪番制で内閣の補佐をうけながら、行政を担当します。

※マラッカはスルタンがいない州に含まれています。代わりに国王が州知事を任命します。

スルタンは世襲ではなく、選挙でえらばれる選挙君主制ですが、マレー人しかなれないそうです。なんだか同じマレーシア人なのに、教育制度といい、人種によって区別されているような気もします。

多民族国家ゆえの問題は、日本人には理解しがたい問題がいっぱいありそうですね。

マレーシアはフルーツ天国

マレーシア・クアラルンプールのフルーツ屋台

マレーシアは熱帯気候で、1年中夏。市場やマーケットには、日本ではあまり見かけない果物もたくさんある、フルーツ天国です。

その中でも、強烈な香りがある果物の王様「ドリアン」、、甘さはないけど糖分が高い「ドラゴンフルーツ」、毛むくじゃらの赤いフルーツ「ランブータン」は大人気。

ドリアンは10種類以上あるけれど、マレーシアで一番おいしいと言われているのは「猫山王(ムサキング)」、甘くてクリーミーな食感にウィスキーのような苦みがあります。

熟してくるとお尻の部分が割れてくるので、その前に食べなきゃまずくなるわよ…と言われましたが、ドリアンはホテル持ち込み禁止のところも多く、なかなか食べるチャンスがないんですよね。

猫山王、と書かれたアイスクリームを買って食べてみたんですが…食べなれていないせいか、あんまりおいしいとは思えませんでした。

ドラゴンフルーツ

写真↑は、ガイドさんが見せてくれた、ドラゴンフルーツがなっている状態。ドラゴンフルーツってサボテンの果実なんですね。ちょっと不思議な気がします。

ドラゴンフルーツはビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維がたっぷりの美容食。赤い実のドラゴンフルーツは、服についたら落ちにくく、口紅の原料になっているそうです。

ランブータン

ランブータンはマレー語で「毛の生えたもの」、見た目はインパクトありますよね。実は汁気が多くて、ぷにぷにと柔らかくて甘いです。

毛は固くなく、皮は爪で切り目を入れると簡単にむけるので、屋台などで購入して食べてみてくださいね。

マラッカのこと

マレーシア・マラッカの木

マラッカは1400年のインドネシア・スマトラ島の王子によって建国されたマラッカ王国は、東西貿易の交易点として、ヨーロッパ諸国が争奪戦を繰り広げた町です。

マラッカは木の名前です。王子がこの土地の名前を尋ねた時、木の名前を尋ねられたと勘違いした先住民が「マラッカ」と答えて、ここがマラッカになったんだそうです。

マラッカの木の実は渋くて固くて、食べれるけど食べる人は少ないそうです。ちょうどたくさんの実が木になっていて、下にもたくさん落ちていました。

マレーシア・マラッカのネズミ鹿

もともとこの地に生息していた「ネズミ鹿」はマラッカのマスコット。マラッカのスタダイス広場にちょこんと姿を現しています。

ポルトガル、オランダ、イギリスに統治され、マレーと中国、ヨーロッパの文化が融合した独自の文化が発展した古都には、様々な建築様式が残っています。

太平洋戦争後にマレー半島全体で独立運動がおこり、1957年にマレー連邦として独立…マレーシアは独立して60年ちょっと、の新しい国なんですね。

プラナカン(中国系移民の子孫)のマレーと中国が融合した文化は、ババ・ニョニャ文化とも呼ばれ、貿易ビジネスで繁栄した、豪華絢爛な屋敷も残っています。

ガラスビーズの刺繍で花や鳥を精密に表現した履物やカバン、パステルカラーに鳳凰とボタンが描かれた陶食器も、とっても華やかで有名です。

スポンサーリンク

さいごに

クアラルンプールから現地ツアーを使って、マレー鉄道でマラッカに行ったときのこと、ガイドさんから聞いたマレーシアの話あれこれをお伝えしました。

自分の知識の中にあったマレー鉄道のイメージとは全く違う、近代的な電車でちょっと拍子抜けしちゃいましたが、これはこれで乗車してよかったです。

チャンスがあればぜひ、近代的なマレー鉄道に乗ってみてくださいね。