【アブダビ観光】フェラーリワールドやグランドモスクをタクシーで!

乗継便に搭乗できず、思いがけずアブダビでストップオーバーすることになりました。けれども、予定外のことなので、何の情報も持っていません。

夜の8時まではフリーなので、ホテルのパソコンを使ってホテル周りを検索してみました。なんとなんと、フェラーリ遊園地が近くにあるじゃない!

なんとか行くことはできないかな?と、いろいろ考えてみました。

スポンサーリンク

タクシー貸切で交渉

お財布にはなんとか100ドルちょっと、これでタクシーをチャーターできるかしらん? 早めのランチをホテルでいただくと、ホテルから直結している空港へ向かいました。

出国ターミナル近くにはタクシー乗り場があります。そこで、タクシーを采配しているお兄さんと交渉です。

支払はドルで可能か?半日観光したい、現地通貨を持っていないのでドリンクを買ってほしい、英語の話せるドライバーがいい、など希望を伝えました。

そこでやってきたのが、インド人のドライバーでベンツのタクシー。いかつい顔で怖そうだったけど、6時までにはホテルへ戻れるよう、ルートを考えてくれました。

スポンサーリンク

フェラーリ・ワールド

最初に向かったのは、フェラーリ・ワールド・アブダビ。2010年11月に人工のヤス島にオープンした、世界最大の室内テーマパークです。時速240キロで、F16機のパイロットと同じGを体感できる世界最速のジェットコースターがあります。

外観だけ見て写真を撮るつもりだったけれど、タクシーの運転手さんが駐車場の管理人さんと何やら交渉してくれて、チケット売り場の手前まで入らせてもらいました。

中はF1マシンやエンジン部品が展示してあり、フェラーリ色に染まっていました。遊園地はまだ開園直後なのか、ジェットコースターは動いていませんでした。どんな音がするのか(フェラーリ独特のエンジン音のような?)聞きたかったです。

スポンサーリンク

シェイク・ザイード・グランドモスク

次に向かったのは、「シェイク・ザイード・グランドモスク」1996年着工、2007年に完成、大きさは世界で6番目、総工費は約550億円、世界最大のペルシャ絨毯が敷かれた、超豪華なモスクです。

目が痛くなるくらい真っ白に輝く大理石のモスクは、異教徒でも無料で入場できるのですが、男性は短パン禁止、女性は髪の毛から手首、足首まで覆い、体のラインが見えてはいけません。

モスクに入る前に、アバヤ(アラビア半島の伝統的な民族衣装)を借ります。パスポート以外の、身分証明書と引き換えで(運転免許証を出しました)借り、服の上からかぶります。

モスクは伝統的なイスラム様式を守りつつ、近代的な建築技術を取り入れ、大理石で作られています。

モスクには82のドームがあり、1048本の柱が周りを囲み、107mの4本の尖塔が四隅に立っています。ギリシャとマケドニアの大理石9万トン以上が使われています。

柱にはラピスラズリ、メノウ、アメジスト、パールなどの宝石が埋め込まれた花のデザインで装飾され、真っ白の建物の中でカラフルに際立っています。贅をつくしたモスク、という印象です。

メインドームは世界最大で、高さ85m、直径32.8m、約41,000人がモスクに入ることができます。靴を脱いで中に入ります。

まずびっくりしたのは、出入り口が自動ドアだったこと。大きなドアは自動で開き、中は冷房が効いていました。そして、スワロフスキークリスタル製の、12トンのシャンデリアがキラキラと輝いてぶら下がっています。

イランの綿とニュージーランドの羊毛で作られた絨毯は、25色のナチュラルカラーが使われており、緑がちょっと多めです。天井や壁にも美しい模様が描かれ、モスクでありながら、傑作芸術作品のようです。

でも、とにかく暑かった。アバヤで髪まで隠さなくっちゃならないし、このアバヤ、直射日光を遮るかもしれないけど、風通しはよくないんだもん!蒸れ蒸れ状態でした。

アバヤを返却し、タクシーに戻りました。途中のスタンドで水を買ってもらい、ここからは市内観光ドライブです。

スポンサーリンク

アブダビの高層ビル群

エディハドタワーズは5つの高層ビルが建っていて、3つのレジデンス棟と5つ星のジュメイラアットエティハドタワーズホテルです。

一番高い80階建てのタワー2(305.3m)の、74階には展望台があります。近未来的な外観、中はどうなっているんでしょう?

アルダール本社ビルは23階建て、110mの高さの環状のオフィスビルです。遠くから見ると、丸い大判焼が建っていて、コロコロ転がっていきそうな感じです。端っこの部屋はどうなっているのか、気になります。視覚的インパクトの強いビルです。

エミレーツパレスはアブダビの中心地にある7つ星のホテルです。宮殿風の建物、100ヘクタールの中庭、ホテルの裏側に1.3Kmのプライベートビーチ、地上72.6mの中央ドームは金、真珠、クリスタルで細工され、豪華絢爛の超高級ホテル。一度でいいから泊まってみたいですね。

そんなビルやショッピングセンターを見ながら、ぐるっと市内を回って、ホテルに戻ってきました。予定外だったけど、思わぬ観光ができちゃって、結果としてはラッキーでした。

夕食もホテルでいただいて、20:00にチェックアウト、21:30の飛行機に無事搭乗し、1日遅れで帰国の途につきました。

スポンサーリンク

さいごに

タクシー貸切でアブダビをぐるっと半日観光、思いがけないハプニングでしたが、結果的には有意義な時間を過ごすことができました。

クレジットカードは持っていても、盗難に備えてキャッシングは0円設定、お金を引き出せないようにしてありました。でも、こんな時のために少しは引き出せるようにしておいた方がいいのかなとも思いました。

どんな状況でも。その状況を楽しんで、思い出を1つでも多く作っちゃいましょう~!

コメント