【ミラノ観光】ドゥオモとガレリア周辺のおすすめショップへ行こう

スポンサーリンク

ミラノのドゥオモは、まずその大きさに圧倒されます。そして、細かい装飾に目を奪われます。

中に入るにはチケットが必要ですが、チケットを買うにも大聖堂の中に入るにも、長蛇の列になっていることが多いです。

午前中早めの時間帯に行くことをおすすめします。ドゥオモ周辺は、いろんなお店もあって、観光客がごった返しています。

思わず感嘆の声が出るドゥオモ

地下鉄3号線のドゥオモ(Duomo)駅を降りて階段を上ると、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)がドン!っとそびえていて、思わず「うわぁ!」って声が出ちゃいます。

イタリア最大のゴシック教会は、写真で見るよりもはるかに大きくて、圧倒的な迫力で人々を惹きつけています。

1386年から400年以上かけて作られた白大理石の大聖堂には、135本の尖塔があり、その先には聖人の像が立っています。

中央の一番高い尖塔は108.5m、その先には4mの黄金の聖母マリア像が立っています。(3900枚の金箔で覆われています。

戦時中は連合軍の爆撃をかわすため、光が反射しないよう、ぼろ布がかぶせられていたそうです)

幅93m、長さ(奥行)158.5m、ドゥオモ広場の端から何とか全体像が写真で撮れるかなという大きさ。そして・・・大聖堂に近づくまで、広場を横切るのに一苦労が待っています。

とにかく黒人の押し売りが多いんです。強引に腕をつかみ、腕にミサンガを巻き付けて、お金を要求したり、手のひらに無理やり鳩の豆を乗せての押し売りなど、彼らから見たら浮かれてる観光客は絶好のカモ!なんでしょうね。

というわけで、広場を横切るときは、ポケットに手を入れて足早に歩きます。無理やり腕をつかんでくる輩もいます。そんな時は日本語で「何すんの!」と大きな声で言えば、逃げていきます。

ドゥオモの入り口は5枚の大きな青銅の大扉で、「聖母マリアの物語」になっています。外観には2245の彫像があります。(うち、96はガーゴイル(雨水が壁面を濡らして浸食しないよう作られた雨どいのこと)、内外合わせて3159の彫像があるそうです。)

Duomo
Piazza del Duomo, Milano
https://www.duomomilano.it/en/

スポンサーリンク

ガレリアでは牛を踏む

ドゥオモとスカラ・オペラハウスの間には、東京ディズニーランドのワールドバザールのモデルになった、ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世(初代国王の名前)という、巨大な十字型のアーケードがあります。

石造りの重厚な5階建ての建物は、アジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパを表現したフラスコ画や彫像で飾られ、ガラス張りの天井から明るく太陽の光が差し込んで、全体が芸術作品のようになっています。

1861年にイタリア王国が建国、1877年12月に完成したガレリアは、統一の象徴として、ローマの狼、フィレンツェのユリ、トリノの雄牛、ミラノの赤い十字架の旗が、真ん中の八角形のガラスドームの下に描かれています。

その雄牛のモザイク画の、牛の大事な部分に穴が開いています。この窪みにかかとを入れて、止まらずに3回転できると幸運が訪れる、という言い伝えがあります。

牛にとっては気の毒な言い伝えですね。プラダのお店の斜め前あたりにあります。

ガレリアにはプラダ本店やグッチ、アルマーニなど高級イタリアブランドのショップが並んでいます。そんな中に世界で一番高級感漂う、気安く入りにくいマクドナルドもあります。(ハンバーガーの価格が通常の3倍でも納得してしまいそうな雰囲気です。)

Galleria Vittorio Emanuele II
Galleria Vittorio Emanuele II, 20121 Milano
https://www.duomomilano.it/en/

ドゥオモ周りのお店

揚げピザ「ルイーニ」

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りを東に向かって行くと左側(ドゥオモの北側)、百貨店「リナシャンテ」横に、有名な包み揚げピザ(パンチェロッティ)のお店「ルイーニ(Panzerotti LUINI)があります。

ミラノでは知らない人はいないと言われるくらい、長蛇の列ができる人気店です。

1つ2.5ユーロからの包み揚げピザ、20分ほど並んで食べてみました。注文して、アツアツの揚げピザを、道路の隅で立ち食いです。もちもちのパン生地の中に、チーズがとろけて、トマトソースが絶妙にからまって、超絶品!ぜひご賞味ください!

Panzerotti LUINI
Via Santa Radegonda 16 Milano
http://www.luini.it/

スーパードライ!?

ドゥオモの東側(裏側)には、イギリス生まれのブランド「Superdry Store 極度乾燥(しなさい)」があります。この、変な日本語のついたブランドは、アサヒビール「Super Dry」をGOOGLE翻訳した日本語をそのまま使って名付けられたそうです。

日本に店舗がないのが残念ですが、海外だからこそ人気があるのかもしれませんね。英語と変な日本語訳が付いたTシャツ、お値段は笑いをとるためだけに購入するには、高すぎるものばかりでした。

Superdry Shop
Piazza Del Duomo 20 Milano

フェラーリショップ

通りに戻って、サン・パオロ通りとの交差点角には、フェラーリのお店があります。イタリアを代表するスーパーカーがお店の前に置かれ、写真撮影できるようになっていました。

店内にはF1カーが展示され、ウェアや靴、キーホルダーなどが販売されています。

ミラノから近いマラネッロにフェラーリ本社とフェラーリ博物館があり、見学とフェラーリ乗車体験(助手席で10分間のテストドライブ)のツアー(約300ユーロ)にも惹かれたんですが・・・時間的に無理だったので諦めました。フェラーリに乗る・・・夢ですよね~。

(写真右は、子供用の乗り物。子供の時からフェラーリに乗るなんて、なんて贅沢!)

Ferrari Shop
Piazza del liberty 8 Milano

スポンサーリンク

さいごに

ドゥオモ周辺の押し売りは有名です。日本人はカモにされやすいので、大声をあげて断固拒否してくださいね。日本語でもいいので、怒ってるって雰囲気を出してください。

スマホで写真を撮るときも周りに気をつけてくださいね。

コメント