ホーチミン【スイティエン公園】爆笑のおもしろ遊園地へバスで行こう

スポンサーリンク

(写真↑:地球の上に立つ全長22mの巨大な弥勒様)

ホーチミン市の郊外に1995年に開園した「スイティエン公園」という、とにかくツッコミどころ満載の仏教や神話を題材にしたテーマパークがあります。

そこにあるものがおかしいのか?見てるこっちがおかしいのか?混乱する空間にどっぷりつかって、日常を忘れてしまいましょう~。

スイティエン公園への行き方

ペンタイン市場の向かいにあるバスターミナルから19番のバスに乗ります。ターミナル端っこの花屋さんの横あたりです。

15分に1本くらいの割合でバスがきます。前のドアから乗り込みましょう。チケットは乗ってからチケット売りが来てくれるので、待っていればOKです。

バスの運賃は一律6,000ドン(タクシーなら40,000ドンくら)、約30円くらいです。

バスはアナウンスもなく、初めての場所は降りる場所が不安です。チケットを購入する際に「Suoi tien Theme Park」と書いたメモを見せましょう。降りる場所を教えてくれます。(約30Km、40分から1時間くらいかかります。)

スイティエン公園からの帰りは、陸橋を渡った反対側にバス乗り場があります。同じく19番のバスで、バスターミナルまで戻れます。(スイティエン公園の次の駅で折り返しなので)

入場券は、入り口階段下の緑の建物で購入します。90,000ドン(約450円)です。園内のアトラクションは、アトラクションの入り口前にチケット売り場があります。様子を窺って、都度購入の方がいいと思います。

入場券はプラスチィックカード、入り口のゲートに挿入すると回収されちゃいます。36mの高さの巨大な門「フェアリーランド・ゲート」から入場です・・・入る前からスケールのでかさを期待できます!

スポンサーリンク

いざ!爆笑の不思議世界へ!

とにかく中が広いので、園内地図を見ながら歩くルートを決めましょう。広大な敷地内に50以上のアトラクションがあります。(写真上:ベトナム神話の英雄、フンブオン像)

目玉は2014年にできたばかりのハリーポッターのホグワーツ城(Magic Castle)50,000ドン(約250円)。

中は・・・ゆっくりしか進めないほど真っ暗で、どくろやら人形がぶら下がっています。レーザー光線でビカビカ照らされる光を頼りに歩く感じです。

そして…「きゃぁ!」思わず悲鳴を上げたのは、左右の壁から人の手が出てきて、触るというか叩くというか・・・。

きっと通路に沿った壁の向こうに人が潜んでいて、客が来ると手を出して触るお仕事してる人がいるのね、と変に納得したりして。

頭の上を何かが通り過ぎたりするけど、とにかく暗すぎて、判別できません。しかも、思ったより長い距離を歩きます。

ハリーポッターという名前の、お化け屋敷です。ハリーポッター的要素は期待してはいけません。(そもそもここは許可をとってるのでしょうか?)

モンスターが襲ってくるお化け屋敷↑「シークレット・オブ・フォレスト・ウォッチ」

ずーっと離れないと写真が撮れない巨大な狛犬↑。左右に女神や弥勒菩薩像が並んでいるけれど、すべてを写真に収めることは不可能な大きさです。

(左:めちゃめちゃ嬉しそうな布袋さん? 右:地獄めぐりのアトラクション)

平日だからなのか、観光客はまばらで、従業員も退屈そうにしていました。ディズニーランド並みの広大な敷地に、とにかく大きい像があっちこっちにあるものの、ベトナム神話を理解していないので、何が誰だか、意味も分からず。

ワニ釣りもあります。5000匹以上のワニが、生肉の餌を待っています。ワニ革の財布やかばんも売っています。…ここで亡くなったワニの行く末でしょうか???(ホーチミンにある別の公園では、ダチョウに乗れるところもあるそうです。)

(一応)ちゃんとしたお寺です↑。

水着持参でプールでのんびりの予定でしたが、見てΣ(゚Д゚)びっくり。プールの水がない!? 工事中のようです。働いてる人、全く見えないけど・・・。

ベトナム人の祖先とも言われるラック・ロン・クアン王が優しく微笑んでいます。仕方がない・・・。後ろ髪をひかれながらも、公園を後にしました。

Suoi Tien Theme Park
120 Hanoi Highway, Tan Phu Ward, Dist. 9, Ho Chi Minh City 70000

さいごに

こんな公園作っちゃうこと自体が、単純にすごい!って思いました。いろんなものごちゃ混ぜにした、ディープスポット、スイティエン公園。

ベトナム人の心の奥の混沌としたカオスを覗きに、ぜひ足を運んでみてください。

ホーチミンの関連記事はこちらにもあります↓

コメント