クアラルンプールの食事はおいしい名物ご飯を食べよう!おすすめはここ!

マレーシア・クアラルンプールのスチームボート

マレーシアにはマレー系、中国系、インド系の3つの民族がいて、食事もそれぞれの食文化が発展して、バラエティ豊富で、おいしい名物料理がいっぱいあります。

特にブキッビンタンにはショッピングモールがいくつもあり、その中にフードコートやレストランがあるので、何を食べようか迷ってしまうくらいです。

この記事では、クアラルンプールのおいしい名物ご飯をご紹介します。

グルメ大国のマレーシアで、ぜひチャレンジして、いろんなものを食べてみてくださいね。きっとお気に入りが見つかるはずですよ!

スポンサーリンク

一番おすすめは客家のスチームボート

マレーシア・クアラルンプールのスチームボートのレストラン客家

客家(ハッカ)は、クアラルンプール最大級のレストラン。日本人の出張者をおもてなしするのによく使われる、1956年から営業している老舗の人気店です。

18:00過ぎに行くと席はまだ半分くらい空いていましたが、19:00頃から混雑し始め、19:30には満席、駐車場も満車状態になっていました。

看板メニューは「スチームボート」、真ん中に煙突のような穴が開いた鍋に、秘伝のスープに野菜や肉、魚、エビ、豆腐などを入れて食べ、最後は麺までついてきます。

2人分を頼んでも3人分はあるくらいのボリュームです。

ボーイさんが様子を見ながら、順番に具材を鍋に投入してくれます。室外には約300席で、屋根が開け閉めできるようになっています。

1年中夏のマレーシアの屋外でなべ料理!?と思うんですが、屋根のファンが回っていて、汗をダラダラかきながら食べる、という感じではないのでご安心を。

マレーシア・クアラルンプールのスチームボートとメニュー

日本語メニューがあるので、注文も楽ちん。1品料理も充実しています。

ビールを頼むと、ビアガールみたいなお姉ちゃんがお酌してくれます。コップのビールが少しでも減ると、すぐに継ぎ足してくれます。

お代わりの本数で彼女たちの時給がUPするのかしらん?というくらい、すぐに継ぎ足され、新しい瓶ビールを注文しなきゃ、という気になるので、注意してくださいね。

客家に行くには、パビリオンからKLCCコンベンションセンターにつながる空中遊歩道ウォークウェイを歩いて、ノボテルホテル手前の階段で下に下ります。

客家(ハッカ) Hakka
営業時間:12:00~14:20/18:00~23:00 無休
スポンサーリンク

名物マレー料理ならマダムクアンズ

マレーシア・クアラルンプールのマダムクアンズのナシレマ

マダム・クアンズ Madam Kwan’s」はショッピングモール内にある、マレーシア料理のチェーン店。マレー料理を現代風にアレンジしたメニューで、幅広い年齢層に人気があるお店です。

看板メニューは、マレーシアの国民食と言われる「ナシルマ/ナシレマ Nasi Lemak

ココナッツミルクで炊いたご飯に、チキンカレー、サンバル(トウガラシ、玉ねぎ、砂糖などを炒めた甘辛ソース)、キュウリ、ゆで卵、シュリンプフロスの6種類がお皿にのっています。

これらを全部混ぜていただくんですが、サンバルはチリペーストで辛めです。味を確認してから、調整してかき混ぜてくださいね。

マレーシア・クアラルンプールのマダムクアンズの1品料理

ラクサなどの麺メニューや、サテー(チキン・ビーフの串焼き)やナッツと野菜の炒めものなどの1品料理もあります。マレーシアの代表料理がいただけるお店です。

マダム・クアンズ Madam Kwan’s
スリアKLCC店:Level 4
パビリオン店:Level 1
営業時間:10:00~22:00 無休
スポンサーリンク

宝香(パオシャン)肉骨茶のバクテー

マレーシア・クアラルンプールのバクテー

バクテー(肉骨茶)は皮の付いたぶつ切りの豚あばら肉と漢方を煮込んだスープ。宝香肉骨茶 Pao Xiang Bah Kut Teh は、バクテーの人気店でパビリオンの中にあります。

写真付きのメニューがあるので、注文しやすいです。部位が違う3種類のバクテーを注文しました。三枚肉(豚バラ肉)と排骨(スペアリブ)が大人気です。軟骨、肩ロース、もも、豚足などの部位もあります。

真っ黒いスープに不安を感じますが、ここの肉骨茶は癖がないので、初めての人でも食べやすいです。漢方と黒醤油で黒いんですが、味は優しい味です。

揚げパン(油条)をスープに浸して食べます。ご飯や青菜があると、食べやすいですよ。

宝香肉骨茶 Pao Xiang Bah Kut Teh
パビリオン店:Level 6
営業時間:11:00~22:00 無休
スポンサーリンク

チャイナタウンのチキンライス

マレーシア・クアラルンプールのチャイナタウンのチキンライス

チャイナタウンのチキンライスも、外せない名物料理。ランチに行ってきました。鶏肉がぶら下がってるお店が、チキンライスのお店です。

スチーム(ゆで)、ロースト(焼き)、KAMPUNG(特別な鶏肉?スチームやローストに比べると1.8倍高い)の3種類を注文しました。

たれはジンジャーとチリと醤油です。鶏スープで炊いたご飯はしっかり味が付いていて、たれはかけなくても、おいしかったです。スープはお代わりができます。

お店のお姉さんが日本語で話しかけてきました。「このお店、どうして知ったの?」

「ガイドブックを見てきたんです」と本を見せると、お姉さんは悲しそうな顔をして、「ここは南香(ナムヒョン)じゃないですよ。ココは鶏容南海鶏飯、南香はココからまだ先ですね。」

「え!?…あ、いや、でも、とってもおいしかったから大満足です」鶏肉がぶら下がっていたので間違えちゃったんですが、このお店もお客さんが次から次へと入ってくる人気店でした。

安くておいしいチキンライス、ぜひチャイナタウンで食べてくださいね。

鶏容南海鶏飯 Restoran Nasi Ayam Kam Kee
営業時間:9:30~21:00
南香 Nam Heong :日本語メニューあり
営業時間:11:00~15:00
スポンサーリンク

アロー通りの屋台

マレーシア・クアラルンプールのアロー通り

ブキッビンタン通りの裏側にあるアロー通りは、約200mの通りの左右に屋台が立ち並ぶ、マレーシア最大の屋台街

夕暮れになると、路上に並べられたテーブルに、地元住民だけでなく観光客もたくさん食事を楽しんでいます。

串料理(サテー)、海鮮料理、バクテー、クレイポットチキンライス、麺類などなど、安くておいしいローカルグルメがいっぱい。そしてなぜか、タイガービール(シンガポールで生まれたビール)が人気です。

マレーシア・クアラルンプールのアロー通り

お店で注文して、席を伝えると運んできてくれます。その時に料金を払います。

ここで食事をするなら、火が通っていない魚介や肉は注意してくださいね。お客さんが多いお店を選べば間違いないですよ。

果物の量り売りの屋台で、食べてみたいものを指さしで1個2個と注文しても、売ってもらえました。

言葉は通じなかったんですが、身振り手振りで「食べ方」を聞くと、皮をむいて食べさせてくれました。果汁たっぷりの南国フルーツも、屋台で楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシアのホワイトコーヒー

マレーシアのホワイトコーヒー

マレーシアのカフェでは「ホワイトコーヒー」が主流です。白いコーヒー?と思ったら、色が白いのではなく、焙煎方法が違うんです。

ホワイトコーヒーは、コーヒー豆にマーガリンと砂糖を加えて炒っているんです。口当たりがまろやかで、ちょっと甘めです。

costa(コスタ)のカフェで飲んでみました。ほろ苦さと甘さがミックスされた味で、ブラックが好みの人には甘すぎるかもしれません。

マレーシアの大手コーヒーチェーン店「OLD TOWN(オールドタウン)」では、ヘーゼルナッツの入ったホワイトコーヒーが香りがよくて、ハマります。

ちょっと甘めですが、日本ではなかなか味わえないコーヒーなので、見つけたら飲んでみてくださいね!


スーパーで購入した、ヘーゼルナッツのホワイトコーヒーはこれ↑。バラマキ土産で配ったら大好評でした。

スポンサーリンク

さいごに

クアラルンプールのおいしい名物ご飯をお伝えしました。

辛いものが苦手な私ですが、辛くて食べられない、というものはなく、何でもおいしくて、いつもおなか一杯食べていました。

1番お気に入りは「スチームボート」、毎日これでもいいと思ったくらいです。

ぜひ、マレーシアご飯を堪能してくださいね。