ミラーレイクの天空の鏡体験がマレーシアでできる?クアラセランゴールへ現地ツアーで行こう

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクでの写真

水面が鏡のように映ってみえるミラーレイクは、ボリビアのウユニ塩湖が有名ですが、なんと、ウユニ塩湖のような写真が撮れる場所がマレーシアにもあるんです!

クアラルンプールの北西約60Kmのところにあるクアラセランゴール州には、毎月2回、満潮と干潮の時期だけ現れる、珍しい場所があります。

この記事では、マレーシア・クアラルンプール近郊にあるミラーレイクで、天空の鏡体験をご紹介します。

ステキな写真を撮るためには、服の色が一番重要です。ぜひ、この記事を参考にして、素敵な写真を撮ってきてくださいね!

スポンサーリンク

マレーシアのスカイミラーへ行こう

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクに行く船着き場前の国旗

送迎付きの現地ツアーがおすすめ

ミラーレイクが出現するのは、新月と満月の前後4日間、干潮の時だけ上陸することができる島です。

行くことができる日にちと時間が潮の満ち引きの関係で限定され、日によっては朝の5時にホテルを出なきゃいけないことも。

クアラルンプールから車で約1時間かかる場所なので、送迎付きの現地ツアーが便利です。朝の早い時間でも、車の中でウトウトしてるうちに着いちゃいますよ。

送迎は英語ガイド、日本語ガイドとありますが、送迎してくれる運転手さんが英語か日本語が話せる、という程度で、スカイミラー乗船のチェックインまでしてもらえますが、ツアーガイドではありません。

船に乗ってからはスカイミラー専任のガイドさん(英語)になります。

私が予約した現地ツアーは「VELTRA(ベルトラ)」です↓。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

ホテルへお迎えに来る時間は、ツアー出発日の3日前までにメールで連絡があります。すでにクアラルンプールに到着していても、確認できるメールアドレスを登録してくださいね。

ミラーレイクにおすすめの服装は?

水面に映る姿が映えるのは、赤やピンク、黄色など明るくてはっきりしたカラーです。素敵な写真を撮るために、服の色は厳選してくださいね。

船から降りるときは、ひざ下ほどの水位があります。ひざ上くらいの丈の短パンか、ひざ上にたくし上げることができるズボンやスカートでお出かけくださいね。

ミラーレイクに必要な持ち物は?

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクの船着き場

ミラーレイクは、川の中に現れる干潟です。ビーチサンダル、タオル、カメラは必ず持っていきましょう。

干潟上陸時はサンダルも脱いで、裸足になります。荷物は船の座席の下に入れておくので、貴重品やパスポートなどはホテルに置いておいた方が安心です。

雨が降ってくることもあるので、カッパもお持ちすることをおすすめします。雨が降ると、船の左右はシートを下ろしますが、前からの雨は防ぐことができません。

船はかなりのスピードなので、雨が降ったらずぶぬれになります。ガイドのお兄ちゃんたちは、ウェットスーツを着用し、バンダナで鼻から下を覆っていました。

ずぶぬれになっても寒いことはないんですが、べたべたして気持ち悪いですよね。100均で売っているようなカッパでも、あれば安心です。

風よけにサングラスもあった方がいいですよ。日焼け止めも塗っておいてくださいね。

約30分ほど船に乗るので、酔いやすい方は酔い止め薬を持参してくださいね。

スポンサーリンク

ミレーレイクに行ってきました!

ミラーレイクへはスピードボートで30分

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクに向かうスピードボート

クアラルンプールのホテルを6:30に出発し、渋滞前のクアラルンプール市内を抜けて、1時間ほど走りました。7:30前に船着き場に到着しました。

船着き場の周辺には猿が歩いていて、ちょっとびっくりしてしまいました。猿は人に慣れているようで、人が近くに来ても動じることなく平然としています。

船着き場はどんどん人が集まり、待合室はあっという間にいっぱいになりました。いろんな国の言葉が聞こえてきます。

※ミラーレイクにはトイレはないので、船着き場での待ち時間に済ませておいてくださいね。

8時頃から順番に名前が呼ばれ、15人ほどが1つのグループになって、スカイミラーのガイドさんと一緒に、船に乗り込んでいきます。

グループは国ごと(言語ごと)に分けられていました。ちっとも名前が呼ばれないなぁ…と不安になっていたら、最後の中国人グループと一緒に名前が呼ばれました。

船に乗る前にライフジャケットを受け取り、ボートに乗り込みます。スカイミラーのガイドさんは中国語で説明した後、私には英語で注意事項(走行中は席を立たないで、とか、ごみを捨てないで、とか)を説明してくれました。

船は口が開けられないくらいのスピードで進んでいきます。途中で雨が降ってきてしまいました。天候によっては引き返すこともあるそうで、ドキドキしましたが、ボートは目的地へ向かっていきました。

スカイミラーに到着

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイク

突然ぽっかり現れた砂の島に到着、裸足で上陸(土足厳禁)します。ちょっと弾力があって、低反発のマットの上を歩いているような踏み心地です。

一体こんな場所をどうやって見つけたんでしょ?って思うくらい、普段は水の中にある島が出現しています。先に到着したグループがあちこちで撮影していました。

ボートのガイドさんが「準備するからこの辺にいて」と、なにやらいろんなグッズをボートからおろしていました。

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクで撮った写真

さっそく写真を撮ってみたけど…あれ? 鏡みたいに映っていないような? 思い描いていたイメージと違う写真に不安になってしまいました。

ふとガイドさんを見ると、地面を平らにならして、上部とサイドを板で覆って影を作っています。ガイドさんがその箱に頭を入れて寝転がって、みな、その箱の前でポーズをとっています。

天空の鏡の写真を撮るためには、ガイドさんの知識とセッティングが重要だったんです! 

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクで撮った写真

ガイドさんの撮った写真↑は、きれいに水面が鏡のように反射して映っています。

メンバーがみな思い思いのポーズをとり、ガイドさんが「ちょっと前」「ちょっと後ろ」と指示しながら、ばっちりきれいな写真を何枚も撮ってくれました。

マレーシア・クアラセランゴールのミラーレイクで撮った写真

小さなエッフェル塔の置物を手前に置いて、遠近法で写真を撮っています。まるで遠くにエッフェル塔が立ってるみたいに見えます。

(青空だったらもっと素敵な写真が撮れたと思うのですが、これは運なので仕方がないですよね。)

1時間ほど撮影した後は、またボートで船着き場へ戻ります。帰りの船では小さなペットボトルのお水とお菓子がもらえました。

船着き場に戻ると、ガイドさんにメールアドレスを伝え、ガイドさんが撮った写真を送ってもらいます。その日の夜までには送ってもらえるので、確認してくださいね。

※もし写真が届かないようなら、アドレスを伝えたときにもらえるガイドさんの名刺に、その旨を連絡してくださいね。

船着きがに戻った時間は10時過ぎ、ナシレマのご飯がもらえました。写真の出来上がりを楽しみに、クアラルンプールのホテルへ戻りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さいごに

クアラセランゴール州のミラーレイクで、天空の鏡体験をお伝えしました。

地元の漁師さんが見つけた、新月と満月にだけ現れる不思議な島は、2016年からツアー化され、マレーシアの新しい観光地として、人気が高まっています。

クアラルンプールから半日ツアーで行けるので、ぜひ、インスタ映え抜群のミラーレイクに行ってみてくださいね。