クアラルンプール市内の移動は電車と無料バスでの観光が便利でおすすめ!

マレーシア・クアラルンプール市内を走るKLモノレール

クアラルンプール市内の移動は、電車、市内バス、タクシーがあります。電車は市内を網羅していますし、無料バスも走っているので、観光スポットに行くのは難しくありません。

交通渋滞がひどいラッシュの時間帯は電車、駅から少し距離がある観光地はバス、うまく組み合わせて、市内観光を満喫しちゃいましょう。

この記事では、クアラルンプール市内観光の移動に便利な電車、バスについてご紹介します。

電車やバスを使ってクアラルンプール市内を移動するなら、駅が近いホテルを選ぶと便利ですよ。

スポンサーリンク

クアラルンプール市内移動は電車がおすすめ!

マレーシア・クアラルンプールのKLモノレール

チケットの購入方法は?

クアラルンプール市内を走る電車は、「LRT」「MRT」「KLモノレール」「KTMコミューター」があります。

LRTは路線図③④⑤で、日中は6分(ラッシュ時は4分)間隔で運行しています。

KLモノレールは路線図⑧、市内の中心部を8分間隔、2両編成で運行しています。LRTとKLモノレールの路線が市内観光には便利です。

チケットの購入はとっても簡単です。

マレーシア・クアラルンプール市内を走る電車の券売機

1. 改札前にある券売機で、左上にある緑のボタン「English」を押して、自分の乗る電車を選択します。

2. 駅名が表示されますので、目的地の駅を押すと、QUANTITY(人数)とAMOUNT(金額)が表示されます。+が付いた青いボタンで人数を増やすことができます。

3. 右下の「CASH」ボタンを押して、お金を投入すると、丸いプラスチックのコイン(トークン)が出てきます。(電車のラインによってトークンの色が違います。)

※自販機ではRM50、RM100の紙幣は使えないので、注意してくださいね。

トークンを改札機のタッチ画面にかざすと入場できます。電車から降りたときは、トークンをコインを入れるところに入れちゃえばOKです。

中心になるのはKLセントラル駅

すべての路線の中心になるのは、KLセントラル駅です。

KLIAエクスプレスは、クアラルンプール国際空港とをノンストップで、約28分で結んでいます。KLIAトランジットは、途中3駅に停車し、約35分かかります。

空港までの料金はどちらも同じです。空港から乗車する場合は同じ改札口ですが、KLセントラル駅の改札は別になるので注意してくださいね。

※ピンクモスクに行く場合は、KLIAトランジットに乗り、「プトラジャヤ&サイバージャヤ駅」で下車します。

KLモノレールの駅とKLセントラル駅は少し離れていますが、通路でつながっているので、KLモノレールの改札を出てからそのまま(階段を下りずに)歩いて行くと、KLセントラル駅の2階に到着します。

マレーシア・クアラルンプール市内を走る電車の女性専用車両

女性専用車両↑もあります。

KTMコミューターはチケットの自動販売機がありますが、ちょっとわかりにくいので、改札前にある窓口で購入した方が安心です。

※マラッカへ行くマレー鉄道は、KTMが運行していますが、改札はLevel 2に上がった「Antarabandar(Intercity)」用の改札口になります。

スポンサーリンク

クアラルンプール市内移動に使えるバス

4つのラインがある無料バス

マレーシア・クアラルンプール市内を走る無料バス

クアラルンプール市内にはゴーKLシティバスが4つのコースを走っていて、観光名所の近くにバス停があるので、便利でしかも無料!なんです。

観光客だけでなく、市民の足としても使われる巡回バス。エアコンと無料のWi-Fi完備で、平日は6:00~23:00、週末は7:00~23:00に5~10分間隔で運行されています。

バス自体の色はみな同じなので、前に表示されているLINE名を確認して乗るようにしてくださいね。

グリーンライン(GREEN LINE):KLCC駅前が起点。ペトロナスツインタワー、パビリオン(ブキッ・ビンタン)をまわります。

パープルライン(PURPLE LINE):パサール・スニ駅起点。セントラル・マーケット、KLタワー、パビリオン(ブキッビンタン)、チャイナタウンをまわります。

レッドライン(RED LINE):ティティワンサ駅前が起点。ムルデカ広場、国立モスク、国立博物館、マスジッド・ジャメ、KLセントラル駅を結んでいます。

ブルーライン(BLUE LINE):ティティワンサ駅前が起点。チュウキット、パビリオン(ブキッ・ビンタン)を結んでいます。

無料なんですが、クアラルンプール市内の渋滞はひどくて、いつバスがくるのかわからないし、あまりの渋滞にバスがバス停まで寄ることができず(車線変更ができなくて)、通過されちゃったこともありました。

時間的に余裕がある、最寄り駅まで歩くのはちょっと遠い、雨が降ってきた、というときは便利です。なんといっても無料なので、上手に使って観光してくださいね。

ホップオン・ホップオフバス

ホップオン・ホップオフバスは、クアラルンプール市内の観光スポットを巡回する、旅行者用のオープンデッキ、英語ライブ解説付きの2階建てバスです。

毎日9:00~18:00に、20分~30分間隔で運行しています。27か所ある停留所のどこでも乗り降り自由です。

チケットは24時間、48時間有効があります。13:00に乗車した場合、翌日の13:00まで利用できます。

大人子供
24時間55RM30RM
48時間79RM43RM

コースは赤(RED LINE)のシティルート緑(GREEN LINE)のガーデンルートがあり、どちらも起点はブキッ・ビンタンです。チケットは乗車した後、バスの中で購入もできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さいごに

クアラルンプール市内観光の移動に便利な電車、バスについてお伝えしました。

LRTとKLモノレール、ゴーKLシティバスで、クアラルンプール市内の観光スポットはまわることが可能です。冷房のきいた乗り物で楽に移動しちゃいましょう。

KLモノレールで、KLセントラルに到着する前のモノレールの車両の傾きは、落っこちちゃうんじゃないかって不安になるくらいなんです。ぜひぜひ、経験してみてくださいね。