ウズベキスタンの名物料理プロフやサラダなどおすすめ料理を紹介します

ウズベキスタンのサラダとパン

ウズベキスタンの料理ってどうなの? おいしいの? そう聞かれたら、「おいしいから食べてみて!」って答えます。

雨が降らないウズベキスタンですが、野菜もフルーツも水分をしっかり含んでいます。きっと食事の時間が待ち遠しくなるくらい、堪能できるはずです。

どんな料理があるのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

ウズベキスタンのお茶とナン

ウズベキスタンのパン

ウズベキスタンの料理は、辛いとか、香辛料がきついとかはなく、優しい味です。

お茶(ほうじ茶や緑茶)が出てくるのも日本人にとっては嬉しいところです。食事には必ずポットでお茶(熱め)がでてきます。

麦茶を持って歩いていたら、「それはお茶か?飲ませてくれ」と身振り手振りで言われました。少し飲んだものだったので申し訳なかったんですが、あげたら喜んですぐに蓋を開け・・・飲んだら変な顔をしていました。

麦茶は・・・お口に合わなかったんでしょう。でも、嬉しそうに「もらったんだぜ」って感じで、周りに自慢していました。

ナンはどこへ行っても必ず出てくる、固めのパンです。直径20㎝くらいの丸くて平たく、中央が少し凹んで飾り模様がついていたりゴマがついていたり、地域によって違うそうです。

このナン、1年前のものでも水につけて再度焼けば美味しく食べられるそうで。それだけ空気が乾燥している、ということなんでしょうが、売ってるパンがいつ作られたものなのか、判断できないですよね。

タシケントで売られていたメロン

食事の最後にはスイカやメロン、ブドウなど、季節のフルーツが出てきます。どれも太陽の光をいっぱいに浴びて、甘くてみずみずしいです。

メロンの間に、あげた麦茶のペットボトルが置いてあります(写真↑)。この後メロンをごちそうになりました。とっても甘くてみずみずしくて、めちゃうまでした!

スポンサーリンク

シャシリク(肉の串刺し)

ウズベキスタン料理のシャシリク

(左:牛肉と羊肉 右:鶏肉)

イスラムの国なので、豚は食べません。羊や鶏肉、牛肉を串にさして焼いたものがシャシリクです。肉をミンチにしたツクネもあります。

羊肉は特有の臭みがあるものですが、それを全く感じさせなく、おいしくいただけます。

付け合わせはお酢をかけたタマネギのスライス。玉ねぎの辛みが全くなくて、なぜか肉ととても合います。脂っこさを感じさせないので、何本でも食べれちゃいますよ。

スポンサーリンク

ウズベキスタンの名物料理プロフ

ウズベキスタンで食べたプロフ

プロフはウズベキスタンを代表する名物料理、羊肉とニンジンの炊き込みピラフです。大きな釜や鍋で野菜と肉を炒めて味付けした後、米を入れて炊き上げます。

〇人前と注文すると、大皿でドン!とやってきます。大量の油で炒めるので、時間がたてばたつほど、油が全体に回る感じです。

出来たてが食べやすいですが、たくさん食べると胃にもたれるので注意してくださいね。

あまりのおいしさに感動して、プロフの缶詰をお土産に購入しちゃいました。帰国後食べてみたら…なんか違うんですよね。やっぱり、現地で食べるのが一番おいしいです。

スポンサーリンク

野菜がおいしい!ウズベクサラダ

ウズベキスタンで食べたサラダ

トマト、キュウリ、玉ねぎを切って塩で味付けしたもの(アユチクチュチュク)が主流ですが、ポテトサラダ(ジャガイモやニンジン、ゆで卵などをさいの目に切ってマヨネーズであえたもの。ロシアから伝わったそうです)や生のトマトがそのまま出てくる時もありました。

野菜がおいしいウズベキスタンならでは、というサラダ。海外で生野菜は・・・と思うかもしれませんが、どちらかといえば油を多く使うウズベク料理、サラダは胃もたれしにくくして、口の中をすっきりさせてくれます。

スポンサーリンク

ラグメンとマンティ

ウズベキスタンのうどん

ラグメンはウズベキスタン風うどんです。太めでコシのある麺で、トマト味のスープに、羊肉や野菜、香菜がのっています。

ウズベキスタンのマンティ

マンティはウズベキスタン風小籠包、中は牛肉や羊肉のミンチと玉ねぎなどの野菜で、ヨーグルトソースが付いてきました。

ヨーグルトソース・・・つけて食べてはみたけれど、これはなくてもいいんじゃないかな?と思い、周りのテーブルを盗み見すると、みんなどっちゃりつけてました。

これはたぶん、「慣れ」の問題なんでしょうね。

ウズベキスタンで食べた煮込み料理

ローカルレストランでは、煮込料理(ポトフやスープ)や炒め物が多いです。肉じゃが風の煮物もよく見られます。どれも羊肉(たまに牛肉や鶏肉もある)と、ニンジンやキャベツなど季節の野菜たっぷり入れて煮込みます。

スポンサーリンク

おまけ:Restaurant Samarkand

レストラン・サマルカンド

Restaurant Samarkand(レストランサマルカンド)」は、サマルカンドにある、1階はローカルレストラン、2階はロシア風インテリアのお店です。

観光客だけではなく、地元でも有名なレストランのようで、大通りから1本中に入るのですが、車でごった返していました。

建物の内装は高級感があり、1階では伝統音楽のショーが行われることもあるようです。

レストランサマルカンドの水餃子

私が食べたのは、ロシア料理とも言われる、羊肉を使った水餃子。これがもう、ほっぺたが落ちるってまさにこれ!っていうくらい、美味しいんです。

水餃子がこんなにおいしいなんて!って感動しちゃうくらい。

ラム肉のミンチと肉汁が、口の中でふわっと溶けるような感覚。トリップアドバイザーでも上位のこのレストラン。リーズナブルな価格設定なので、サマルカンドでお越しの際は是非ご賞味ください。オススメです。

スポンサーリンク

さいごに

ウズベキスタンの食事は、日本人の口に合う、優しい味です。

海外旅行では、生野菜が食べられない(不衛生な水で洗って、水気が残っていたりすると、下痢をおこすことがあります)ことが多いですが、ウズベキスタンでは問題なく食べることができました。

食べすぎないことに気をつけて、おいしいウズベキスタン料理を味わってくださいね。

ウズベキスタンの関連記事はこちらにもあります↓