東ドイツ旅行総集編!ベルリンとドレスデンを電車やバスで観光しよう!

スポンサーリンク

初めてドイツに行ったのは、2000年7月。日本では2千円札が発行されていましたが、実物を初めてみたのは、フランクフルトのお店に展示されていたものでした。

それから2001年、2003年とドイツ各地をまわり、それから2018年に東側を再訪しました。ドレスデン・エルベ渓谷は私が訪ねた翌年に世界遺産に登録され、2009年再訪する前に登録削除されました。

ドイツマルクはユーロに変わり、いろんなものが姿を変えたり、そのままだったり。私が見たドイツをまとめています。

※現在は東ドイツの記事しかありませんが、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフなどの西ドイツの記事も書いていきたいと思っています。

ベルリン

ドイツの公共交通機関とトイレ事情について

ベルリンのテーゲル空港から市内行きの特急バス、市内を走る電車やバス、トラム、ユーロスターなどの公共交通機関の利用方法と、トイレ事情についてご紹介しています。

ベルリンの壁(イーストサイドギャラリー)

ベルリンの壁は、世界中のアーティストが絵を描いた1.3kmのオープンギャラリー、ドイツを東西に分けた悲しい歴史の残物です。中でも「独裁者のキス」はとっても有名です。

ブランデンブルグ門と戦争の歴史

東西ドイツ統合のシンボル「ブランデンブルグ門」や、第2次世界大戦、東西ドイツ時代の歴史を物語る場所は、現在は観光地としてにぎわっています。

ペルガモン博物館

博物館島にあるペルガモン博物館は、遺跡が丸ごと展示されていて、スケールの大きさに度肝を抜かれるほど。人気が高い博物館なので、午前中に見学することをおすすめします!

ドイツ連邦議会議事堂のガラスのドーム

日本で事前予約をしておけば、無料で入場できるガラスのドーム。HPから日時と時間を予約する方法をご紹介しています。予約の確認書とパスポート持参でお出かけくださいね。

ベルリン大聖堂

ベルリンを象徴する大通り、ウンター・デン・リンデン通りにある、どっしりと重厚な外観のベルリン大聖堂、入場料には75mにあるクーポラまで上がる料金が含まれています。

100番200番バスで観光地をまわる

100番と200番のバスは、主要観光地をまわる、観光客の強い味方です。2階建てバスもあり、周りを見ながら気に入ったところで降りたら、新しい発見があるかもしれませんね。

ベルリン穴場スポット

サブカルチャー発祥の地であり観光の穴場スポット、ハウス・シュバルツェンベルクをご紹介します。市内あちこちにある「ベルリンのクマ」も写真スポットになっています。

おいしいおすすめの食べ物

5月のドイツと言えば、シュパーゲル(ホワイトアスパラ)が超おすすめ! ベルリンならカリーヴルストやアイスバインも挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

ドレスデン

SLにのってモーリッツブルグ城へ

レスニッツグルント鉄道の蒸気機関車(SL)に乗って、湖に浮かぶモーリッツブルグ城に行ってきました。ドレスデン中央駅からの行き方をご紹介しています。

フォルクスワーゲンの工場見学

フォルクスワーゲンの工場見学に行ってきました。ガラス張りの工場は、車の組み立て工場とは思えない近未来的でクリーンなんです。上下白の作業服や自動化された工場には、びっくりがいっぱいです。

ブルーワンダーブリッジとモノレール

ブルーワンダーブリッジは、ドレスデン旧市街から5km上流にある、エルベ川にかかる橋の中で、戦争の爆撃にも耐えた歴史ある橋です。橋の東側には、世界最古のモノレールも動いています。

聖母教会と王宮、エルベ川沿いの風景

爆撃で粉々になったフラウエン教会は、その瓦礫を使いながら10年かけて再建されました。平和の象徴として、戦争の悲惨さを伝えています。

恐竜パークとポーランドとの国境の町

ドレスデン近郊にある「恐竜パーク」は、まるで恐竜が復活したかのように、山のあちこちに恐竜がいるんです。ポーランドとの国境にある「ゲルリッツ」は、歴史的建造物が残る、映画のロケ地に使われる古い町です。

さいごに

2018年のベルリン・ドレスデン旅行を中心に、2003年に行った時の記事も含んでいます。

プロイセン王国の都で、歴史的遺産のある首都ベルリンと、ザクセン王国が栄えた古い都で、300年の歴史を持つ陶磁器マイセン窯があるドレスデン。

どちらもフランクフルトから国内線乗り継ぎで1時間ちょっとの町です。栄光と波乱、激動の歴史の上にある、見ごたえあるスポットがいっぱいです。

ゆっくり散策して、町並みを堪能してくださいね。

 

コメント